ニュース&コラム

ホーム » ニュース&コラム一覧 » 期待が大きかっただけに・・・
2013年12月5日(木)

期待が大きかっただけに・・・

今週の月曜日、久しぶりに出張で札幌に行ってきました。北海道好きの私にとってはとてもありがたい出張で、自腹で前泊にして楽しんできました。
しっかりと計画を立て、日曜日の昼飯は二条市場にある、ある有名店の海鮮丼を食べる予定にしていました。日曜日の昼過ぎに目的のお店に到着し、目指していた海鮮丼を注文したのですが、何とメイン食材の蟹が切れてしまっているので作れないとのことでした。結局食べたかった海鮮丼を食べることが出来ず、「北海道で獲れる貴重な3種類の海老」が乗った海老丼を注文しました。
ところが登場した海老丼は、食べたかった海鮮丼が食べられずに若干心が折れていた私の心を完全にへし折る丼でした。値段も高かったため期待をしていたんですが、まずメニューの写真より海老達が小さい・・・。丼も予想に反して小さめで、コスパを考えると、絶対に次はないという丼でした。
まあ日曜日の昼過ぎの店内が空いていたことを考えても、あまり大きな期待をするべきじゃなかったんでしょうね。
「看板メニューの食材を切らし、お客の期待を裏切って!」なんて思っていたんですが、でもよく考えると、われわれの仕事でも同じことが言えますよね。期待を込めてご連絡をいただいたり、ご紹介をいただいたりしたお客様の期待を裏切るようなことをしてしまうと、われわれにも次はありません。
お客様にどう接するべきか、を改めて考えさせてくれた海鮮丼と海老丼でした。