株式会社HMC HOME » 会社案内 » ご挨拶

ご挨拶

日本では毎年、100万人を超える人々に死が訪れ、そのうち35万人以上の人が「がん」という病によって最期の日を迎えています。

今このような時代に生きる私たちをとりまく社会環境の変化は、大きなストレスを生み出し襲いかかっています。そしてそのストレスが「がん」という病気を誘発しているのです。

では私たちは、その”がん”という病に、私たちはどのように向き合っていけば良いのでしょうか。

実は、国が”がん撲滅”をテーマに掲げてから30年近くになろうとしています。

その間、手術の技術進歩はもちろん、さまざまな抗ガン剤治療の開発、放射線治療の進歩、免疫治療の発見、炭素線・陽子線治療、ホウ素中性子捕捉治療、幹細胞療法などさまざまな治療法が生まれ開発され進歩し、患者に提供されてきました。

ただ残念ながら、これらいろいろな治療法は、治療する側の病院・医師サイドからの一方通行の形で患者に提供されるものがほとんどであり、患者の立場にたったより適切な選択方法とフェイス・トゥ・フェイスで心と心が向かい合ってフォローされる”生きる支えになる”というがん治療の理想の形には達していません。

私たちHMC(エッチ エム シー)は、国や病院・医師サイドなどの専門家の目線ではなく、お客さまや患者さまの目線で考え、その羅針盤でありたいと願っています。HMCはがんによって命を失うかもしれない人々へお力添えの出来ることを願って、炭素線がん治療、医療情報サービス、がんファイナンスの提供という三つをベースに事業展開をしています。

吉川佳秀また、がんに罹った方には、先進医療や最先端の治療法に関する情報を提供するとともに、状況によりセカンド、サードオピニオン取得の機会を積極的に支援するサービスも展開しています。

「がんにならないことが最善である」ことには間違いありません。ただ予防診査についても多くの人々は無関心です。また厄介なことに自覚症状がなく、通常の定期健診で発見できる可能性が極めて低いのが「がん」の症状であり、これが現状です。

人が生き永らえることで流す涙の質は、亡くなった時に流す涙と全くその質が違います。

生き永らえる喜びの「希望の光はHMCから」。いま発信していきます。